beauty and care tips!
カテゴリーを選ぶ

2015年11月30日
美肌

化粧水の素材とお肌の関係

毛穴を目立たなくしたい時

鏡を見つめると目についてしまうのが「毛穴」
汗を出して体温調節をしたり、肌を乾燥から守る皮脂が出たりする大切な器官とわかっていても、
顔の中であまり大きく目立っていると憂鬱になってしまうのが女心です。
そこで毛穴の広がりをケアする化粧水選びのコツをお伝えします☆

毛穴が広がってしまう原因は、おおまかに2つあります。
1つは皮脂やメイクなどの汚れが取り切れていないことです。
この場合はまずクレンジングなどでしっかりと毛穴の奥の汚れを落としてから、
収斂(引きしめ)効果のある化粧水を使うのが効果的です。
収斂成分は代表的なものでビタミンC誘導体、クエン酸、ハマメリスエキス、エゾウコギエキスなどがあります。
アストリンゼンと分類されているものを使うと良いでしょう。

毛穴の開きの原因、もう1つは乾燥です。
細胞が水分で満たされると毛穴周りの細胞もふっくらして、毛穴の開きが目立たなくなります。
乾燥を解消するには、とにかく多くの量の化粧水を肌に馴染ませることです。
高い商品をケチって使うより、お手頃価格のものでもたっぷりと肌に届けてください。
最後は冷やした化粧水でパッティングして、毛穴をキュッと閉じる仕上げをお忘れなく。

美白したい時

「色白は七難隠す」と古くから言われているように、肌が白いことは美人の条件のひとつと言われています。
古今東西、多くの女性が望んでやまないのがお肌の美白。
「美白は女性の永遠の夢」と言っても過言ではないのではないでしょうか。
お肌を美白したい時、どんな化粧水を選べば良いのでしょう。
多くの美白化粧水に含まれる成分に「ビタミンC誘導体」があります。
美白といえばビタミンCが有名ですが、ビタミンCを直接肌にのせると紫外線で酸化し、シミの原因になってしまいます。
そこで開発されたのがビタミンC誘導体。肌の奥へ侵入して、体内の酵素と反応してビタミンCとなる成分です。
抗酸化力が強く、メラニン色素を黒くする酵素「チロシナーゼ」の働きを止める作用があり、美白につながります。

そのほか、メラニン色素の合成を阻害する働きがあるものに「アルブチン」があります。
美容成分として厚生省も認めている成分で、植物由来の天然成分です。
ほかにも日本酒の杜氏の手が白いことに注目して発見された「コウジ酸」
消炎作用でダメージを受けた肌の回復を早めることでシミの新陳代謝を活発にする「トラネキサム酸」など、
多くの美白成分が日々開発され、登場しています。

痩身インドエステの神髄手技を全身の肌で体感して下さい。

PAGE TOP

運営会社    プライバシーポリシー    リクルート    メディア掲載    サイトのご利用について   Copyright 2015 India Esthetique Salon coeur et corps +N. All rights reserved.