食材でできる「日焼け後」ケア

サロン案内ブログ
カテゴリーを選ぶ

2015年8月6日

食材でできる「日焼け後」ケア

こんにちは~
暑い日が続きますねぇ~今日は、食材でできる「日焼け後」ケアを
ご紹介したいと思います。


☆焼けた肌を鎮める…紅茶風呂

紅茶の渋みのもとであるタンニンは、昔からやけどの薬に使われてきました。
炎症を鎮める働きがあるので、お風呂に入れると日焼け肌がラクになります。

● 作り方&使い方
1.紅茶のティーバッグで濃い目の紅茶をポット1杯分(約450ml)作る。
2.(1)をお風呂に入れて入る。紅茶をいれた後のティーバッグで顔や腕、
肩、背中などをパッティングするのもおすすめ。

☆肌に潤いを与える…牛乳パック

クレオパトラの時代から美肌の秘訣として活用されてきたという牛乳。
その保湿効果で潤いを与え、さらに肌に保護膜を作る作用で、 日焼けによる乾燥を防ぎます。

● 作り方&使い方
1.冷蔵庫で冷やしておいた牛乳を小さな容器に入れる。
2.コットンに(1)を含ませ、日焼けした部分にパックする。
ぬるくなったら、再び冷たい牛乳に浸し、ほてりが鎮まるまで繰り返す。
3.ぬるま湯か水で洗い流す。

☆肌ダメージを回復…手作りアロエローション

とろりとした粘液状のアロエ成分が肌の上に膜を作り、保湿力を発揮します。化粧水がわりに使って、毎日のお手入れに。

● 作り方&使い方
1.アロエ約20cm分をよく洗い、トゲを切り落して輪切りにする。
2.保存瓶に(1)と精製水(またはミネラルウォーター)50ccを入れる。
3.(2)を冷蔵庫で保存し、4~5日で使い切る。

暑い日が続き、知らず知らずの間に日焼けしてるかもです。是非、お試しくださいませ。
痩身インドエステの神髄手技を全身の肌で体感して下さい。

PAGE TOP

運営会社    プライバシーポリシー    リクルート    メディア掲載    サイトのご利用について   Copyright 2015 India Esthetique Salon coeur et corps +N. All rights reserved.