お酒の上手な飲み方

サロン案内ブログ
カテゴリーを選ぶ

2016年1月20日

お酒の上手な飲み方

皆さん、こんにちは~リゲルグランド横浜店です。
 
新年会もぼちぼち落ち着き、次は、歓送迎会と・・・お酒を飲む機会が続きますね。
そこで、「飲み方しだいで薬にも、毒にも・・・お酒の上手な飲み方」をお伝えします。
 
食欲増進、ストレス緩和や気分転換、職場のコミュニケ-ションなど、正しく飲めば、さまざまな効果が
期待できるお酒。
しかし、飲み方を間違えると、健康や人間関係に影響が及ぶこともあります。
特に女性は、男性に比べ少しの量や時間でアルコールの害を受けてしまうのです。
(赤ワイン、焼酎が◎、ビ-ルは最初の一杯だけに)
 
暑い夏や仕事終わりには、キンキンに冷えたビ-ルをグイッといきたいもの。
しかし、ビ-ルは糖質が高く身体を冷やしやすいため、最初の一杯だけにし、ゆっくり飲めるお酒に代えましょう。
焼酎やウイスキ-などの蒸留酒は、糖質が含まれていない為ダイエットにオススメ。
ただし、アルコ-ル度数が高いので飲みすぎには注意が必要です。
 
美容の為には赤ワインや日本酒を。
赤ワインに含まれるポリフェノールにはアンチエイジング効果が、日本酒に含まれる米麴には、
保湿、美白、老化防止などの作用がそれぞれ期待できます。
また、寒い冬は熱燗にすると血行が促進され冷え性への効果も見込めます。
 
★お酒と一緒に食べたいもの
(たんぱく質を多く含む料理)
焼き魚(ほっけ)、シシャモ、卵焼き、焼き鳥(ささみ)、チ-ズ、刺身、あさりの酒蒸しなど。
(ビタミンを多く含む料理)
枝豆、冷奴、納豆、焼き鳥(レバ-)、豚キムチ炒め、野菜ステックなど。
 
★お酒の場では控えたいもの
(糖質や脂質を多く含む料理)
フライドポテト、鶏のから揚げ、コロッケ、おにぎり、ラ-メン、ピザなど。
 
お酒と上手に付き合って良い1年にしましょ~う♪♪
 
それでは、本年もリゲル・グランドをどうぞ宜しくお願い致します。
 
横浜店スタッフ一同
痩身インドエステの神髄手技を全身の肌で体感して下さい。

PAGE TOP

運営会社    プライバシーポリシー    リクルート    メディア掲載    サイトのご利用について   Copyright 2015 India Esthetique Salon coeur et corps +N. All rights reserved.